ブラジルの反応

海外の反応の中でもブラジル人の反応をまとめます。 ブラジルの人聞こえますか~?

    2014年08月

    Amazon-Brasil-01-565x376

    米アマゾンがブラジルでの紙書籍販売を2014年8月21日から開始した。
    これまではKindle,電子書籍,スマホアプリ等の販売が中心だった。また書籍を注文するとその本の電子書籍版を読むことができる「Leia enquanto enviamos」というサービスも開始する。

    【ブラジル人「最高のニュースだ」伯でAmazonが書籍の販売を開始!】の続きを読む

    shizo_abe

    2013年9月5日,ロシアでのG20サミット会期中に安部首相とジウマ大統領が首脳会談を行った。
    安部氏は「今日本は経済を刺激する時」と話し、
    低収入家庭への手当て(※子ども手当て)について言及した。
    具体的には、免税対象となる低所得家庭に1万円。
    また補助を受けている家庭へは1人あたり1万5千円の支給を検討していると話した。

    これはブラジルで運用されているボウサファミリアと同様のもので、日本の現実に適用したものである。
    【日本がブラジルを模倣する?ベーシックインカム制度 ブラジル人「日本も大変だな」】の続きを読む

    ipadvagina

    ipadにオナホを装着できるアタッチメントを、アメリカのFleshlightという大人向け玩具会社が販売した。
    これによりiPadとセッ○スを行うことが可能となった。値段は70レアル(約3500円)だ。
    スカイプやFacetimeを利用し他のユーザーとの交流も可能だ。
    この新発明いかがだろうか?
      【ブラジル人「世界の終わりだ」 ついにiPadとセッ○スが可能に!】の続きを読む

    viciado-em-samrt

    Folinha紙により3人の子どもに対して実験が行われた。
    その内容は48時間パソコン、携帯、テレビ禁止というものだ。
    果たして実験の結果はどうだったのだろうか?

    Giovanaちゃん(12)は「二度としたくない。とても不便だった。友達はfacebookで遊ぶ約束をするからね」と語る。
    (SNSは13歳以下の登録を禁止しているが、多くの場合年齢を偽り登録されている)
    彼女は48時間を携帯の電源をつけると100以上のメッセージを受け取った。
    調査によると46%の9~12歳のブラジル人の子どもは毎日インターネットにアクセスするという。
    心理学者アンドレ氏は携帯やインターネットのし過ぎによる運動量の低下を懸念する。
    また、教育学者のMaria氏はオンラインゲームでの協力プレイはコミュニケーション能力の向上に役立つとメリットを挙げる一方、睡眠不足による疲れを警告している。
    Joãoくん(11)はかなり辛く、48時間我慢できなかったようだ。「とても退屈だった。Facebookを確認したし、タブレットで音楽を聴いちゃった」と語る。
    【あなたは48時間ネット禁止は耐えられるか? ブラジル人「俺は無理」】の続きを読む

    このページのトップヘ